企画展

テレサ・テンが心を寄せた日本のふるさと

会場 ▶ 三島町交流センター山びこ(ギャラリーホール)
〒969-7402 福島県大沼郡三島町大字名入字諏訪ノ上418
開館時間 ▶ 9:00 ~ 17:00(最終入館16:30)
休 館 日 ▶ 月曜(月曜が祝日の場合は火曜)
入 場 料 ▶ 200 円(三島町民無料)
お問合わせ ▶ 三島町地域政策課(平日 月~金 9:00~17:00)
TEL 0241-48-5533
主催 ▶ 三島町
協力 ▶ 財団法人鄧麗君文教基金会
ユニバーサルミュージック合同会社
舟木稔
平野久美子

1977年3月に8作目のシングル「ふるさとはどこですか」のキャンペーンで「ふるさと運動」を展開していた三島町を訪れたテレサ・テン。町が募集していた特別町民となり、ミニコンサートなど町民との交流を深めました。 この企画展は、テレサが町を訪れた際の写真をはじめ、テレサの貴重な写真や衣装、レコード、記事のスクラップetc.
思い出の品々を多数展示いたします。

Online

テレサ・テン オンライン交流会

交流会概要

テレサ・テンの実兄 財団法人鄧麗君文教基金会董事長
鄧長富氏のメッセージ動画の上映
舟木稔氏が振り返るテレサ・テン(テレサとの思いでを語る動画の上映)
テレサ・テンファンとのオンライン交流(テレサ楽曲の歌唱)
※企画内容が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

時間 ▶ 15:30 ~
ゲスト ▶ 財団法人鄧麗君文教基金会董事長 鄧長富氏 舟木稔 氏
会場 ▶ 三島町交流センター山びこ(イベントホール)
定員 ▶ 100名(参加希望の方は、事前に電話でお申込下さい)
参加料 ▶ 無料
お申込先 ▶ 三島町地域政策課(平日 月~金 9:00~17:00) TEL 0241-48-5533

プロフィール

アジアの歌姫 テレサ・テン

1953年1月29日生まれ、台湾雲林県田洋村出身。14歳の時に母国台湾でデビュー。東南アジア、香港と活躍の場を広げ、日本でのデビューは74年で、2枚目の「空港」で新人賞を受賞。その後、円熟味を増した歌で「つぐない」「愛人」と人々を魅了、全日本有線放送大賞ほか数々の賞を受け「時の流れに身をまかせ」は日本で最大のヒット曲となる。70年代から80年代を中心に活躍95年5月8日休養先のチェンマイで急逝。

テレサ・テンの実兄 鄧長富 氏からのメッセージ

アジアの歌姫として、日本のファンの皆さまに愛され続ける我が妹「テレサ・テン」。1995年5月8日、42歳の若さで急逝したテレサが眠る台湾の霊園には、多くの日本の方々が訪れてくださいます。こうして時が過ぎた今なお三島町がテレサとの絆を大切にしていただけることをとても嬉しく思います。私たちもテレサが思いを馳せた「日本のふるさと三島町」との交流を次世代へ繋いでいきたいと願っています。

舟木 稔 氏

1933年(昭和8年)9月25日生まれ、福島県会津若松市出身。中央大学卒業後、日本グラモフォン入社。社名変更になったポリドール制作部長、制作管理部長、編成部長などを歴任。’81年(昭和56年)5月、トーラスレコード設立に伴い専務取締役に就任。’95年(平成7年)、同社社長に就任。’97年5月、社長職を退任後、同年7月、財團法人鄧麗君文教基金會の董事に就任。

Goods

企画展限定グッズ販売 本企画展を記念し、限定グッズを販売いたします。是非、会場にお越し下さりお買い求め下さい。

三島町×テレサ・テン
オリジナルCD

《収録曲》1.ふるさとはどこですか 2.小村之戀
     3.時の流れに身をまかせ 4.別れの予感
※歌詞カードには、44年前テレサが三島町に来町した際に撮られた初々しい貴重な写真を多数掲載

1,650円(税込)

オリジナル木はり絵

天然木を使用した、木の切り絵アート
《はがきサイズ》
❶テレサ・テン ふるさとはどこですか版
❷只見線版

2,970円(税込)

オリジナル
クリアファイル

三島町とテレサ・テンがコラボしたクリアファイル
《A4サイズ》

各 350円(税込)